Event Calendar

1
2
3
4
5
7
8
9
シスメックス学術セミナー「ここまで来たミレニアム先端医療」 10:00
シスメックス学術セミナー「ここまで来たミレニアム先端医療」 @ 名古屋大学 東山キャンパス ナショナルイノベーションコンプレックス 3階 大会議室(愛知県名古屋市千種区不老町)
6月 9 @ 10:00 – 16:30
シスメックス学術セミナー「ここまで来たミレニアム先端医療」 @ 名古屋大学 東山キャンパス ナショナルイノベーションコンプレックス 3階 大会議室(愛知県名古屋市千種区不老町) | 名古屋市 | 愛知県 | 日本
[vc_row][vc_column][vc_empty_space][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column width=”1/4″][vc_column_text] [/vc_column_text][/vc_column][vc_column width=”3/4″][vc_column_text]臨床検査領域を担うシスメックス株式会社が開催するセミナーのサテライト会場を名古屋大学に設けます*。医療系の起業を目指す方、医療分野に興味のある方を主な対象とし、医学の進歩を実感できる最新情報を提供します。 * 名古屋大学会場はクローズド会場です。利用可能なのは学生・若手研究者・教職員のみです。 参加お申し込みはシスメックス学術セミナーのウェブサイトからどうぞ。 学生・若手研究者・教職員: 「参加会場」→名古屋大学会場(クローズド会場)を選択してください 上記以外の方: 他の会場を選択してください ※お知らせ※ 会場が変更になりました。お間違いのないようお願いします。 × 名古屋大学 ES総合館 ESホール ↓ ○ 名古屋大学 ナショナルイノベーションコンプレックス 3階 大会議室[/vc_column_text][vc_btn title=”参加お申し込み” color=”sandy-brown” size=”lg” link=”url:http%3A%2F%2Fscientific-seminar.sysmex.co.jp%2F||target:%20_blank|”][/vc_column][/vc_row]
10
11
12
13
製品開発マネジメント2018 18:30
製品開発マネジメント2018 @ 名古屋大学 東山キャンパス 経済学部棟 4階 演習室13(418 号室)
6月 13 @ 18:30 – 20:00
[vc_row][vc_column][vc_empty_space][vc_custom_heading text=”講義概要” font_container=”tag:h4|text_align:left” use_theme_fonts=”yes” css=”.vc_custom_1522995509493{border-bottom-width: 3px !important;padding-left: 10px !important;border-bottom-color: #006e4f !important;border-bottom-style: dotted !important;}”][vc_column_text]名古屋大学大学院経済学研究科の課題設定型講義『製品開発マネジメント』では、部品メーカーも巻き込んだ大規模な開発体制で新製品を生み出していくトヨタ自動車における製品開発の取り組みを「思考の方法」「仕事のプロセス」「仕事のツール」に焦点を当て、豊富な事例を踏まえて学習します。トヨタの事例を自らの研究に応用できるようになることを目指します。 本講義をTongaliプロジェクト連携講義として下記の対象者に限定公開します。[/vc_column_text][vc_empty_space][vc_custom_heading text=”対象” font_container=”tag:h4|text_align:left” use_theme_fonts=”yes” css=”.vc_custom_1522997757962{border-bottom-width: 3px !important;padding-left: 10px !important;border-bottom-color: #006e4f !important;border-bottom-style: dotted !important;}”][vc_column_text]名古屋大学・名古屋工業大学・豊橋技術科学大学・岐阜大学・三重大学の学部生・大学院生・卒業生・教員[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_empty_space][vc_custom_heading text=”講義内容” font_container=”tag:h4|text_align:left” use_theme_fonts=”yes” css=”.vc_custom_1522996385342{border-bottom-width: 3px !important;padding-left: 10px !important;border-bottom-color: #006e4f !important;border-bottom-style: dotted !important;}”][vc_empty_space height=”20px”][vc_column_text] 日程 テーマ 1 4月11日  イントロダクション 2 4月18日  トヨタ⽣産⽅式︓「リーン⽣産」という考え⽅ 3 4月25日  トヨタ製品開発システム︓リーン⽣産を「製品開発」に応⽤する 4 5月9日  ⽣産計画 5 5⽉23⽇  トヨタの問題解決法 6 6⽉13⽇  パートナーロボットの開発 15 6月20日 クルマ講座 # 4/26追加 7 6⽉27⽇  製品企画・開発 8 7⽉25⽇  部品の内外製の決定 9 8⽉1⽇  商品企画 10 8⽉22⽇  サプライヤーの育成,協働 11 8⽉29⽇  新⾞開発のスケジュール管理 12 9⽉12⽇  ⽣産準備(Flexible Body Line の開発) 13 9⽉19⽇  デジタル・エンジニアリングの活⽤(Global Body Line の開発) 14 9⽉26⽇  総括 2018.4.26: 6月20日「クルマ講座」が追加されました[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_empty_space][vc_custom_heading text=”受講方法” font_container=”tag:h4|text_align:left” use_theme_fonts=”yes” css=”.vc_custom_1522997857598{border-bottom-width: 3px !important;padding-left: 10px !important;border-bottom-color: #006e4f !important;border-bottom-style: dotted !important;}”][vc_column_text]下のフォームよりお申し込みください。 お申し込み内容の自動返信の後、Tongaliプロジェクト事務局よりメールでご連絡します。[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]
14
15
16
Tongaliシンポジウム2018 13:00
Tongaliシンポジウム2018 @ 株式会社エイチーム本社( 愛知県名古屋市中村区名駅3丁目28−12)
6月 16 @ 13:00 – 18:30
Tongaliシンポジウム2018 @ 株式会社エイチーム本社( 愛知県名古屋市中村区名駅3丁目28−12) | 名古屋市 | 愛知県 | 日本
17
18
19
20
製品開発マネジメント2018 18:30
製品開発マネジメント2018 @ 名古屋大学 東山キャンパス 経済学部棟 4階 演習室13(418 号室)
6月 20 @ 18:30 – 20:00
[vc_row][vc_column][vc_empty_space][vc_custom_heading text=”講義概要” font_container=”tag:h4|text_align:left” use_theme_fonts=”yes” css=”.vc_custom_1522995509493{border-bottom-width: 3px !important;padding-left: 10px !important;border-bottom-color: #006e4f !important;border-bottom-style: dotted !important;}”][vc_column_text]名古屋大学大学院経済学研究科の課題設定型講義『製品開発マネジメント』では、部品メーカーも巻き込んだ大規模な開発体制で新製品を生み出していくトヨタ自動車における製品開発の取り組みを「思考の方法」「仕事のプロセス」「仕事のツール」に焦点を当て、豊富な事例を踏まえて学習します。トヨタの事例を自らの研究に応用できるようになることを目指します。 本講義をTongaliプロジェクト連携講義として下記の対象者に限定公開します。[/vc_column_text][vc_empty_space][vc_custom_heading text=”対象” font_container=”tag:h4|text_align:left” use_theme_fonts=”yes” css=”.vc_custom_1522997757962{border-bottom-width: 3px !important;padding-left: 10px !important;border-bottom-color: #006e4f !important;border-bottom-style: dotted !important;}”][vc_column_text]名古屋大学・名古屋工業大学・豊橋技術科学大学・岐阜大学・三重大学の学部生・大学院生・卒業生・教員[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_empty_space][vc_custom_heading text=”講義内容” font_container=”tag:h4|text_align:left” use_theme_fonts=”yes” css=”.vc_custom_1522996385342{border-bottom-width: 3px !important;padding-left: 10px !important;border-bottom-color: #006e4f !important;border-bottom-style: dotted !important;}”][vc_empty_space height=”20px”][vc_column_text] 日程 テーマ 1 4月11日  イントロダクション 2 4月18日  トヨタ⽣産⽅式︓「リーン⽣産」という考え⽅ 3 4月25日  トヨタ製品開発システム︓リーン⽣産を「製品開発」に応⽤する 4 5月9日  ⽣産計画 5 5⽉23⽇  トヨタの問題解決法 6 6⽉13⽇  パートナーロボットの開発 15 6月20日 クルマ講座 # 4/26追加 7 6⽉27⽇  製品企画・開発 8 7⽉25⽇  部品の内外製の決定 9 8⽉1⽇  商品企画 10 8⽉22⽇  サプライヤーの育成,協働 11 8⽉29⽇  新⾞開発のスケジュール管理 12 9⽉12⽇  ⽣産準備(Flexible Body Line の開発) 13 9⽉19⽇  デジタル・エンジニアリングの活⽤(Global Body Line の開発) 14 9⽉26⽇  総括 2018.4.26: 6月20日「クルマ講座」が追加されました[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_empty_space][vc_custom_heading text=”受講方法” font_container=”tag:h4|text_align:left” use_theme_fonts=”yes” css=”.vc_custom_1522997857598{border-bottom-width: 3px !important;padding-left: 10px !important;border-bottom-color: #006e4f !important;border-bottom-style: dotted !important;}”][vc_column_text]下のフォームよりお申し込みください。 お申し込み内容の自動返信の後、Tongaliプロジェクト事務局よりメールでご連絡します。[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]
21
22
23
24
25
26
27
製品開発マネジメント2018 18:30
製品開発マネジメント2018 @ 名古屋大学 東山キャンパス 経済学部棟 4階 演習室13(418 号室)
6月 27 @ 18:30 – 20:00
[vc_row][vc_column][vc_empty_space][vc_custom_heading text=”講義概要” font_container=”tag:h4|text_align:left” use_theme_fonts=”yes” css=”.vc_custom_1522995509493{border-bottom-width: 3px !important;padding-left: 10px !important;border-bottom-color: #006e4f !important;border-bottom-style: dotted !important;}”][vc_column_text]名古屋大学大学院経済学研究科の課題設定型講義『製品開発マネジメント』では、部品メーカーも巻き込んだ大規模な開発体制で新製品を生み出していくトヨタ自動車における製品開発の取り組みを「思考の方法」「仕事のプロセス」「仕事のツール」に焦点を当て、豊富な事例を踏まえて学習します。トヨタの事例を自らの研究に応用できるようになることを目指します。 本講義をTongaliプロジェクト連携講義として下記の対象者に限定公開します。[/vc_column_text][vc_empty_space][vc_custom_heading text=”対象” font_container=”tag:h4|text_align:left” use_theme_fonts=”yes” css=”.vc_custom_1522997757962{border-bottom-width: 3px !important;padding-left: 10px !important;border-bottom-color: #006e4f !important;border-bottom-style: dotted !important;}”][vc_column_text]名古屋大学・名古屋工業大学・豊橋技術科学大学・岐阜大学・三重大学の学部生・大学院生・卒業生・教員[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_empty_space][vc_custom_heading text=”講義内容” font_container=”tag:h4|text_align:left” use_theme_fonts=”yes” css=”.vc_custom_1522996385342{border-bottom-width: 3px !important;padding-left: 10px !important;border-bottom-color: #006e4f !important;border-bottom-style: dotted !important;}”][vc_empty_space height=”20px”][vc_column_text] 日程 テーマ 1 4月11日  イントロダクション 2 4月18日  トヨタ⽣産⽅式︓「リーン⽣産」という考え⽅ 3 4月25日  トヨタ製品開発システム︓リーン⽣産を「製品開発」に応⽤する 4 5月9日  ⽣産計画 5 5⽉23⽇  トヨタの問題解決法 6 6⽉13⽇  パートナーロボットの開発 15 6月20日 クルマ講座 # 4/26追加 7 6⽉27⽇  製品企画・開発 8 7⽉25⽇  部品の内外製の決定 9 8⽉1⽇  商品企画 10 8⽉22⽇  サプライヤーの育成,協働 11 8⽉29⽇  新⾞開発のスケジュール管理 12 9⽉12⽇  ⽣産準備(Flexible Body Line の開発) 13 9⽉19⽇  デジタル・エンジニアリングの活⽤(Global Body Line の開発) 14 9⽉26⽇  総括 2018.4.26: 6月20日「クルマ講座」が追加されました[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_empty_space][vc_custom_heading text=”受講方法” font_container=”tag:h4|text_align:left” use_theme_fonts=”yes” css=”.vc_custom_1522997857598{border-bottom-width: 3px !important;padding-left: 10px !important;border-bottom-color: #006e4f !important;border-bottom-style: dotted !important;}”][vc_column_text]下のフォームよりお申し込みください。 お申し込み内容の自動返信の後、Tongaliプロジェクト事務局よりメールでご連絡します。[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]
28
29
30