名古屋大学特定基金 大学発ベンチャー応援事業 寄附ご協力のお願い

大学発ベンチャー支援の重要性

世界を代表するモノづくりの集積地にある名古屋大学では、研究成果を社会で活用するための産学連携も活発に行ってきました。本学の研究成果を出発点とする産学共同研究によって、新しい社会的価値を問い掛けた製品・サービスも多数存在しています(例:青色発光ダイオード)。
昨今、オープンイノベーションが事業化の基盤として大きな意味を持つようになってきました。
ベンチャーが革新的な研究開発を行い、大企業がその成果を応用し、製品化・事業化を行うという役割分担も明確になりつつあります。本学においては、研究成果の出口の一つとして、大学発ベンチャーを起業する動きが活発になり始め、平成27年度においては7社もの大学発ベンチャーが設立されました。イノベーションエコシステムにおける大学の役割・責務を果たすためにも、この勢いを止めず、大学発ベンチャーを起こしやすい環境をさらに整え、支援していくことが極めて重要だと考えます。

そのための取り組みとして、名古屋大学では、アントレプレナーシップ教育、アントレプレナー育成、大学発ベンチャー起業支援を一気通貫に進める大学発アントレプレナーシッププログラム『Tongaliプロジェクト』を始めました。Tongaliは、まさに学生・若手研究者が、自分自身のアイデアを具現化していくためのスキルやノウハウを身に付け、実際にそのアイデアを事業化する環境そのものです。
具体的には、Tongaliプロジェクトでは、①アントレプレナーシップ教育として「Tongali スクール」や「アイデアピッチコンテスト」などを実施し、②大学発ベンチャー支援として「インキュベーション施設」の提供、「名古屋大学・東海地区大学広域ベンチャーファンド」「スタートアップ準備資金」による資金援助、外部有識者(アクセラレーター等)によるメンタリングなどを充実させております。
Tongaliプロジェクトを核に、大学発ベンチャー設立に向けた教育・育成・支援をさらに拡充させ、そしてオープンイノベーションやイノベーションエコシステムに貢献していくためにも、広く一般の皆様および企業の皆様に、名古屋大学特定基金『大学発ベンチャー応援事業』にご支援をいただきたく、お願い申し上げるところです。

寄附金は以下のような支援・教育などに役立てます

大学発ベンチャー起業時の支援

アントレプレナー(起業家)の教育・育成

Tongaliプロジェクトにおけるその他の活動資金

その他 関連支援

寄附者様には、感謝の意を込めて次の特典をご用意します
総額1万円以上

Tongaliプロジェクトが主催する各種コンテストにご招待します。

総額5万円以上

Tongali Tシャツを贈呈します。

総額10万円以上

Tongaliプロジェクトホームページにお名前を掲載します。

総額50万円以上

各種コンテストの賞に寄附者様の名称付与を行います。
※ 寄附者様のご意向を踏まえます。

その他、高額な寄附者様には、さらなる特典を検討します。

寄付金のお申し込み方法

法人・団体の皆様

特定基金「大学発ベンチャー応援事業」へのご寄附をご希望の旨、名古屋大学基金事務局(下記)までお問い合わせください。ご寄附の手順を説明いたします。

個人の皆様

次のお支払い方法をご利用いただけます。

  • クレジットカード決済
  • インターネットバンキング決済(ペイジー)
  • ATM決済(ペイジー)
  • コンビニ決済(番号方式)
  • コンビニ決済(払込票方式)

寄附お申し込み

上記5つの詳細は「名古屋大学基金 » お申込み方法」をご覧ください。

  • 銀行振込

特定基金「大学発ベンチャー応援事業」へのご寄附をご希望の旨、名古屋大学基金事務局(下記)までご連絡ください。振込用紙を送付いたします。

物品でのご寄附のお申し込み方法

お手数ですが、Tongaliプロジェクト事務局にお問い合わせください。

土地・建物建築・有価証券などによる寄附

土地の寄贈、建物建築による寄附、株式・社債・国債などの有価証券による寄附など、多様な形態でご寄附いただけます。
ご寄附に当たり特段のご意向がおありの場合も考えられますので、事前に名古屋大学基金事務局(下記)へご相談ください。

ご寄附に関する税制上の優遇措置

名古屋大学へのご寄附については、現金・現金以外ともに税制上の優遇措置を受けられます。
詳しくは「名古屋大学基金 » 税制上の優遇措置」をご確認ください。

寄附のお申し込みに関するお問い合わせ

名古屋大学基金事務局
電話: 052-789-2011、052-789-4993
Eメール: kikin@adm.nagoya-u.ac.jp

※ 本事業に関するお問い合わせはコンタクトフォームをご利用ください。

大学発ベンチャー応援事業の概要

学究により見出された知を、新しい社会的価値として世に出すことが、今大学に求められています。
我々名古屋大学では、アントレプレナーシップ教育、アントレプレナーの育成、そして大学発ベンチャーの支援という形を通して、社会からの要請に応えます。本特定基金は、学生・若手研究者が自身のアイデアの具現化のためのスキル・ノウハウを身に付け、実施に移せる環境を強化し、東海地域のオープンイノベーション、引いては日本社会全体に貢献することを目指しています。

事業概要

地域の産学官連携によるイノベーションエコシステム

イノベーションエコシステム

お問い合わせ

Tongaliプロジェクト事務局

〒464-8601
名古屋市千種区不老町
ナショナル・イノベーション・コンプレックス(NIC) 3階 302号室
名古屋大学 学術研究・産学官連携推進本部
Tongaliプロジェクト事務局

TEL: 052-747-6490 担当: 河野かわの
FAX: 052-788-6002

コンタクトフォーム

captcha

※ 送信ボタンを押すとフォームの内容が送信されます。お間違いがないかご確認ください。

リンク

  • Tongaliプロジェクト
  • 学術研究・産学官連携推進本部
  • 名古屋大学基金
  • 名古屋大学

Tongali SNS