アイデアピッチコンテスト2018

アイデアピッチコンテストとは

開催案内チラシ

開催案内チラシ(PDF)

自らが温めているアイデア、ビジネスプランなどをそのまま眠らせておくのではなく、実現させてみませんか?

起業アイデアをはじめ、企業とタイアップした新事業、社会貢献、学生イベントを盛り上げるためのアイデアなど、おもしろアイデアならなんでもOK。
アイデアピッチコンテストで優秀賞を獲得したアイデアは、3ヶ月をめどにマーケティング・検証等を行い、確度の高い事業計画に仕上げるための過程を学び、実践することを目指します。

優秀チーム5組には10万円の活動支援金を支給するほか、サポーター組織/企業からの特別賞もあります。

東海地区(愛知県・岐阜県・三重県)のすべての大学および大阪大学(EDGE-NEXT協力機関)の学部生・大学院生・ポストドクターを対象としています。たくさんのご応募をお待ちしております。

※ 2019年3月末に成果報告することを条件とします。

過去のアイデアピッチコンテスト

2017年2016年

ご協賛 ※ 五十音順

本コンテストは

の支援により開催されます。

コンテストの位置付け


Tongaliプロジェクト第3期は、6月16日(土)のTongaliシンポジウム2018に始まり、同月末からのTongali スクール2018 へと続いています。
Tongali スクール I・II』 でアイデアを創出する方法や特許などのスキルを身につけ、『アイデアピッチコンテスト』で自らのアイデアを発表し、その実現に向けて第一歩を踏み出すことを期待します。

アイデアピッチコンテスト』終了後は『Tongali スクール III』の実施、そして海外研修です。
5月には『ビジネスプランコンテスト』(活動支援金最大50万円の予定)の開催を準備しています。その後に実施する『リーンローンチパッド名古屋』では、アイデアを事業化するための方法を体験しながら身につけていきます。

ぜひこの『アイデアピッチコンテスト』にチャレンジして、自分のアイデアを大勢に話し、アイデアの実現に向けた次のステップにつなげてください。

応募について

【申請書ダウンロード】

 アイデアピッチコンテスト申請書

 English application form

※ Excelファイル
※ 申請書を開けない、あるいは入力に支障がある場合はTongaliプロジェクト事務局までご連絡ください。個別に対応します。

【募集要項】

募集要項(日本語)Guideline (English)(PDF)


【応募受付期間】

2018年10月22日(月) ~ 11月4日(日)


【応募資格】

東海地区(愛知県・岐阜県・三重県)の大学および大阪大学の学部生・大学院生またはポストドクターが代表者で構成されるチーム、個人であること。

※ 過去のTongali のコンテストに応募した方へ ※

  1. 過去開催のアイデアピッチコンテスト・ビジネスプランコンテストにて活動支援金(奨励金・助成金)を獲得したチームの応募はできません
  2. 1以外の方で、過去に発表したアイデアをブラッシュアップさせての応募は可能です


【応募方法】

本ページ下部の応募申請フォームより申請書を添付してお申し込みください。


【応募多数の場合】

応募多数の場合は、11月16日(金)に名古屋大学にて本選と同じ3分間のピッチを行う予選会を開催予定です。
詳細は応募締切後に申請代表者に連絡します。


【留意点】

  • 1代表者につき、1プランのみの応募です。ただし、ひとつのチームの代表者が別のチームメンバーになることは可能です。
  • 応募多数の場合は予選会を開催予定です。
  • アイデアを実現したいのであれば、「より多くの人にアイデアを聞いてもらうこと」が実現への近道です。しかし、コンテストで公開する以上、優れたアイデアが剽窃・模倣される危険がゼロではありません。特許権などの知的所有権等が発生しそうな場合は、本コンテストでプレゼンする前に出願をしておくことも対策の一つです。
    必要であれば事前にTongali プロジェクトにご相談ください
  • アイデアの著作権の侵害等については応募者の責任とし、Tongaliプロジェクトは関与しません。
  • 公序良俗の観点から適当でないと判断されたプランの評価は行いません。

コンテスト当日

【開催日時】

2018年11月27日(火) 16:00~19:30 コンテスト
19:30~20:30 懇親会


【会場】

名古屋工業大学 NITech Hall 2階 ラーニングコモンズ 【地図


【コンテスト内容】

応募者は、アイデアに関する3分間のピッチ(=ショートプレゼンテーション)を行った後、審査員より5分間の質問を受けます。


【審査方法】

審査は申請書とプレゼンテーションを基にして行います。審査項目は、以下の通りです。

  1. わくわく感 (アイデア全体が魅力的である)
  2. 新規性・独創性(アイデアの特徴、競争力がある)
  3. 市場性(市場における明確なニーズ・需要が見込まれる)
  4. 将来性(継続的な提供、将来に向けて発展していく)

上記に加え、プレゼンテーション自体および質疑に対する応答等についても審査対象となります。


【審査員】

名古屋大学 学術研究・産学官連携推進本部 本部長 財満 鎭明 (審査委員長)
日本ベンチャーキャピタル株式会社 執行役員 北岡 侑子 氏
セレンディップ・コンサルティング株式会社 取締役 内藤 由治 氏
NTT西日本 オープンイノベーション推進室 室長 中村 正敏 氏
株式会社ミライプロジェクト 代表取締役/株式会社エイチーム 取締役 牧野 隆広 氏
ナレッジネットワーク株式会社 代表取締役 森戸 裕一 氏
アイデアピッチコンテスト2016優秀賞受賞/名古屋大学医学部医学科 4年 井上 拓海 氏


【賞】

Tongali賞(優秀賞) (5チーム)

  • 1チームにつき活動支援金10万円
  • 20万円を上限に起業のための実務サポートを提供

サポーター賞

  • 日本ベンチャーキャピタル株式会社
  • 大和証券株式会社
  • 中京テレビ放送株式会社
  • 東海東京証券株式会社
  • 名古屋市信用保証協会
  • 丸紅株式会社
  • 三菱商事株式会社

デンマークデザイン思考研修への挑戦権(2チーム)


【受賞後】

  • 受賞チームを対象に、活動支援金の使用方法や今後のスケジュール等についての説明会を行います。
    12月4日(都合がつかない方のための予備日:12月7日)に開催しますので、必ずご参加ください。
  • 受賞チームが所属する大学のURAや教員等がメンターとなり、月1回程度のチーム組成の助言を含むメンタリングを受けることを義務付けます。
  • 受賞チームのアイデアについて実現性・市場性等の調査を行い、2019年3月末に開催される成果報告会での発表を行います。

申請フォーム


申請代表者お名前
Name of applicant 必須
姓 Last name名 First name
申請代表者お名前ふりがな
Name of applicant (hiragana) 必須
せい Last name (hiragana)めい First name (hiragana)
申請代表者メールアドレス
E-mail 必須

確認のため再入力 Re-typing e-mail for confirmation
申請代表者所属・学年
University & school / School year 必須
例: 名古屋大学 工学部 化学生命工学科 ex: School of Engineering, Nagoya University


添付:申請書
Application form 必須

※ 10 MB以下のExcelファイル(.xls, .xlsx)、PDFファイル(.pdf)またはZipファイル(.zip)を1ファイル添付できます。
※ 申請書に補足資料を別添する場合は、全てを1つにまとめたZipファイルを添付してください。
※ 10 MBを超える場合はオンラインストレージサービスにアップロードし、備考欄にURLをご記入ください。
備考欄
Message
【任意】連絡事項・ご質問等ありましたらご記入ください

 ※ 送信ボタンを押すとフォームの内容が送信されます。お間違いがないかご確認ください。